ブラベクト錠とネクスガードはどう違う?

「ブラベクト錠とネクスガードはどう違う?」のイメージ画像

日本国内で使われている内服タイプのノミダニ駆除薬には、ネクスガードという製品もあります。
ネクスガードも数多くの動物病院で取り扱われており、たくさんの愛犬家の方々から頼りにされています。
ブラベクト錠と同じチュアブルタイプという特徴もあるので、使うならどちらのほうがいいのか、疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ブラベクト錠とネクスガードの大きな違いは、配合されている有効成分です。
先ほども触れたとおり、ブラベクト錠にはフルララネルという成分が使われています。
これに対し、ネクスガードにはアフォキソラネルという成分が配合されており、投与後30分でノミやマダニを駆除します。
フルララネルよりも短い時間で効果を発揮しますが、こちらは効果が1ヶ月間しか持続しません。
そのため、月に1回のペースで投与を続けなくてはならないため、ブラベクト錠よりも投与回数が多くなってしまいます。

ブラベクト錠とネクスガードだと、ブラベクト錠のほうが持続性に優れています。
これまで使われてきたネクスガードよりも効果が長続きするので、より少ない手間で使い続けられます。
効き目が出てくるまでは少々時間がかかってしまいますが、持続時間が長いため、長持ちするノミダニ駆除薬を使いたい場合はブラベクト錠がおすすめです。